Pharcyde – Bizarre Ride II Pharcyde

Bizarre Ride II Pharcyde

発売日: 1996年8月19日
レーベル: Universal Import
アーティスト: Pharcyde
時間: 57分
FLAC

   デ・ラ・ソウルの『3 Feet High & Rising』と同じく、ファーサイドは1992年のこのデビュー作で、ヒップホップがひとつの方向に向かっていた時代にあって、まったく異なる方向へ突き進んだ。この血気盛んなBボーイズのグループは、自虐的なユーモアのセンスを武器に、斬新でありながらどこまでも誠実なアルバムを作りあげた。

 「Ya Mama」ではたくみに並べた母親にまつわるジョークを、漫画的なビートに乗せている。「On the DL」では各MCが自分を卑下する告白をあけすけに語っている(たとえばファット・リップは、それまでヒップホップでは禁じ手だったマスターベーションを認めている)。「Passin' Me By」は、手の届かない女性への絶望的な片想いの叙情詩だ。ファーサイドのおどけた態度には油断のならないところもあり、それがもっとも表れているのが「Officer」だ。ロドニー・キング事件裁判の時期にレコーディングされたこのトラックでは、パブリック・エナミーの「Black Steel in the Hour of Chaos」をもじった当然のごとくコミカルな物語。そのなかで、隠された人種差別を非難している。

   プリンス・ポールのウェスト・コースト版とも言えるJ-スウィフトの生き生きしたビートと、個性的な4つのライム・スタイル――とりわけスリム・キッド・トレのメロディアスなライムと、ファット・リップの野暮ったいライム――を駆使した本作には、気取った態度を取りがちなヒップホップではめったにお目にかかれない無邪気さが備わっている。その無邪気さこそが、本作にとって永遠に切っても切れない重要な要素なのだ。(Joseph Patel, Amazon.co.uk)

http://ssh.yt/3nvzlSwJX/PClutLS3h.flac.rar